vagrant+phpenvで最強のPHP動作環境を構築する

1. Vagrantfileを用意する

Vagrantfileテンプレートを参考に適当なVagrantfileを作成。

VMはCentOSの適当なやつをチョイス。

config.vm.box_url = 'https://github.com/2creatives/vagrant-centos/releases/download/v6.4.2/centos64-x86_64-20140116.box';

2. vagrantboxを立ち上げる

vagrant up

3. パッケージ更新+依存するパッケージをインストール

yum update -y
yum install -y wget httpd httpd-devel re2c libevent-devel libxml2-devel openssl-devel bzip2-devel curl-devel libjpeg-devel libpng-devel libXpm-devel freetype-devel libmcrypt-devel readline-devel libtidy-devel libxslt-devel

4. phpenvのインストール

curl -L https://raw.github.com/CHH/phpenv/master/bin/phpenv-install.sh | bash
git clone git://github.com/CHH/php-build.git ~/.phpenv/plugins/php-build
echo 'export PATH="$HOME/.phpenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(phpenv init -)"' >> ~/.bashrc
exec $SHELL -l

5. configure_optionsの変更

vi ~/.phpenv/plugins/php-build/share/php-build/default_configure_options

======↓追加
–with-libdir=lib64
–without-sqlite
–without-pdo-sqlite
–with-apxs2=/usr/sbin/apxs
======↓削除

–with-pdo-sqlite

6. phpenvのパッチをあてる

wget https://gist.githubusercontent.com/memememomo/91f774b1e41b24f99e1e/raw/fe57f9936dae16c5ab186919c1611c8f6a4b1fbc/php-build.patch
patch -u $HOME/.phpenv/plugins/php-build/bin/php-build < php-build.patch

※参考:phpenvの導入して複数バージョンのPHPを管理する

7. PHPのインストール

phpenv install 5.6.14

その他phpenvの使用方法

  • PHPをアンインストールする
    phpenv uninstall 5.6.14
  • インストール可能なPHPのバージョン一覧を表示する
    phpenv install -l
  • インストール済みPHPのバージョン一覧を表示する
    phpenv versions
  • PHPのバージョンを切り替える
    phpenv global 5.3.3
    phpenv local 5.3.3 → 何に使うかよくわからない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。